野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 野草の酵素とは › 野草酵素に副作用はないの? › 野草ハ行

野草ハ行

ハトムギ

効能

・肌荒れ改善

・イボ取り

・肝機能の改善

・利尿効果

・むくみの改善

使い方

葉が枯れ始め、全体の約8割が茶色くなったら収穫適期です。株元で刈り取って乾燥させ果実を手で摘み取ります。

枯れた茎やゴミをふるいでふるって取り除き、新聞紙やざるに広げて4~5日天日乾燥し皮をむいたものはヨクイニンと呼ばれています。

お茶にする場合は、乾燥した実を皮付きのまま、弱火で(ポップコーンのようにはじけてしまうのは火が強すぎます)じっくりフライパンで乾煎りし、お茶のかわりに飲用します。

生育場所

ハトムギは日当たりと風通しのよい場所を好みます。ハトムギの起源は東南アジアで、日本には中国から薬材として渡来し、江戸時代以降、栽培されるようになりました。現在では、東北、北関東、中国、九州で栽培が盛んです。

見た目の特徴

川辺でよく見られるジュズダマとの区別が難しいのですが、ハトムギは一年生で種子が割れやすく、粒形もやや細長いことが特徴です。

採取時期

9~10月頃、葉が枯れ始め、全体の葯8割が茶色くなったら株元で刈り取って乾燥させ、果実を手で採取します。

ハブ葉(ハブソウの葉)

効能

・疲れ目や充血の改善

・利尿効果

・高血圧予防

・口内炎予防

・二日酔い予防

使い方

ハブソウの葉をよく洗って天日乾燥させたものをフライパンで軽く焙煎し、煎じて服用します。

生育場所

ハブ葉の原産地はアメリカ合衆国南部から熱帯アメリカで、日本には江戸時代に民間薬として伝来したといわれています。

とくにハブにかまれたときの民間薬として利用されていたことから、この名があるようです。現在では、小笠原諸島などで帰化植物となっています。

見た目の特徴

茎が直立して草丈は60~120センチくらいになり、葉は8~12枚の小葉からなる羽状複葉で、この葉が、虫や蛇の毒を緩和するとされています。

夏に、茎の先の方の葉のわきから黄色い花が咲きます。花はマメ科特有の蝶形花ではなく、いびつな五弁花で、その後に、幅数ミリ、長さ10センチくらいの平たいさやができます。

採取時期

8~9月頃。

ハブ茶(ハブソウの種子)

効能

・疲れ目や充血の改善

・肝機能向上

・便秘の改善

使い方

8~9月頃、完熟したさやから種を取り、よく洗って天日乾燥させたものをフライパンで軽く焙煎し、煎じて服用します。

生育場所

ハブソウの種子は収穫量が大変少ないことなどから、現在は効能がほとんど同じであるエビスグサの種子が代用されるようになっており、「ハブ茶」と称するものの原料の多くはエビスグサを原料としています。

エビスグサ(種子)は、古くから中近東やアフリカにかけて薬草として用いられてきたという歴史があり、日本には17世紀ごろ伝来したといわれています。

見た目の特徴

草丈は1~2メートル位になりほぼ直立しています。葉は左右3対の羽状葉で、先端は幅広の倒卵形、長さは3センチ程です。

花は茎の頂点で葉のわきから伸びる花柄に黄色の五弁花をつけます。熟すにつれさやが弓状になり、中には30粒ほどの種子が、一列に並んでいます。

採取時期

9月下旬。

ハコベ

効能

・浄血作用

・整腸作用

・歯痛の緩和

・利尿作用

・むくみの予防

使い方

ハコベはアクが少ないため、茎と葉をよく洗ってそのまま天ぷらにしていただけます。熱湯でゆでてから冷水にさらし、刻んでおひたしやゴマ和えに。

生薬として使う場合は、茎と葉を天日で乾燥させたものを使います。葉と茎10gを乾燥させた後にコップ2杯の水を沸かして煎じて飲むと、浄血作用やむくみなどに効果が期待できるといわれています。

生育場所

日本全国の道端や草地、田畑、土手などに自生しています。やや湿った場所を好むため、原野や河川の堤防に群生していることもあります。

見た目の特徴

春の七草の一つ「ハコベラ」としても知られ、花と葉のそれぞれが小ぶりな2年草です。草丈は10cm程度から20cm程度、葉と茎は触ると柔らかく、分枝しながら広がります。

花は春から初秋までの長期間咲き続け、白い5枚の花弁がつきます。花弁の一枚ずつが深く裂けているため、5枚のものが10枚に見えるという特徴も。

採取時期

5月から7月

フキノトウ

効能

・胃腸回復

・解熱作用

・下腹部の痛みの解消

使い方

フキノトウはいわゆる「フキ」の花で、春が始まる3月頃に花だけが先に地上に出てくるので、花が見えない頃に採取して調理に使います。

フキノトウは天ぷらや汁の実、フキノトウ味噌など和食によく合います。つぼみの状態で採取し、よく洗って食べます。独特の苦味がありますが風味が強いため、季節感のある料理が楽しめます。

花が咲いてしまうとフキノトウの食べ頃を過ぎてしまいますが、フキノトウ味噌には利用が可能です。また、伸びてしまったフキノトウも、花と葉を取り除いてあく抜きし、油揚げや肉などと一緒に煮付けにして使うことができます。ゆでてみて硬ければ、茎の皮を剥ぐだけで調理に使えるようになります。

生育場所

フキノトウは日本原産の植物で、北海道から本州、四国、九州、沖縄まで日本全国に分布。山間部の沢や斜面のほか、川の岸辺や林の際、郊外地域の土手や用水路周辺など、水が豊富にあり風の強く吹かない土地を好んで自生しています。

見た目の特徴

フキノトウは雌雄異株の多年草で、3月の初春から5月の初夏までに成長します。初春の頃、若芽となる花茎が出てきて、地中から目を出した花茎がフキノトウと呼ばれています。雄花は黄白色で、雌花は白色の花茎が特徴。

成長すると花が咲き、葉柄は30cmから60cm程度になります。

採取時期

3月から5月