野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 野草の酵素とは › 野草酵素に副作用はないの? › 野草マ行

野草マ行

マタタビ

効能

・冷え性の改善

・神経痛の改善

・リウマチの改善

・利尿効果

・むくみの改善

・疲労改善

使い方

若葉や花を利用する場合は、てんぷらやゆでてから、おひたしや和え物にして食べます。果実を利用する場合は、手で摘み取り塩漬けや果実酒にします。

中に虫が入ったマタタビの実を熱湯で処理して乾燥したものを漢方薬で、木天蓼(モクテンリョウ)といい、古くから秘薬として重宝されてきました。こちらは煎じて服用したり蒸留酒で漬けて飲用します。

生育場所

北海道、本州、四国、九州の山地に自生するつる性の落葉木で、山林の日当たりの良いところに自生しています。

猫による食害のため、市街地で見かけることはほとんどないと思われます。

見た目の特徴

長く伸びた茎が他物に巻きつき細い枝を数多く出し新芽には細かい毛があります。夏に枝先の葉のわきから1~3個の梅の花に似た形の白い花を咲かせ、花には芳香があります。

この花が咲く時期になると、枝先の葉の表面が白く変色することが多くあり、遠方からでも目立つのでマタタビの場所がよくわかります。

果実は3~4センチの先のとがっただ円形で表面はなめらかです。中に虫が入ったものは、カボチャ型になります。

採取時期

若芽を食用にする場合は、4~6月。果実は8~9月頃に採取します。

松の葉

効能

・低血圧の改善
・不眠の改善

・食欲不振の改善

・冷え性の改善

・禁煙の効果

・認知症予防

使い方

松の葉は、パウダー、エキス、酒、サイダーの原料などとして広く使われており、最近ではタバコを不味くする効果があるとして注目されているようです。

松の葉の効果を手軽に取り入れたい場合は、市販のものを利用すると手軽ですが、生葉を煮詰めてつくるエキスや葉を蒸留酒に漬け込んだものを飲用している方も多いようです。

生育場所

マツ属の天然分布はほぼ北半球に限られ、日本では他の樹木が生えないような岩や砂だらけの荒地でもみかけることがあります。街路樹や庭園樹などとしても親しまれています。

見た目の特徴

樹高は10メートル未満のものから、大きいものでは40ないしは550メートルに達するものもあります。枝は同じ高さから四方八方に伸び翌年の春にはこれらの内の一つが幹に他が枝になります。樹皮は亀甲状に大きく割れるものが多く、葉は針葉です。

採取時期

通年採取できます。