野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 野草の酵素とは › 野草酵素に副作用はないの? › 野草サ行

野草サ行

スイカズラ

効能

・解熱作用

・解毒作用

・消炎作用

・利尿作用

・美肌効果

・あせもやただれの改善

・口内炎や歯槽膿漏の改善

使い方

秋から冬にかけて葉のついたままの茎を採取し、刻んで天日乾燥させます。これを生薬で、忍冬(にんどう)といいます。

スイカズラの花は、4~5月頃の開花期に、つぼみの部分を摘み取り、日陰の風通しのよい日陰で乾燥させます。

これを生薬で金銀花(きんぎんか)といいます。どちらも同様な効き目があり、乾燥したものは煎じて服用します。

また、乾燥させたスイカズラの花を忍冬酒にして飲用することもできます。

・忍冬酒の作り方

材料乾燥したスイカズラの花・・・50グラム

ホワイトリカー・・・1リットル

好みでグラニュー糖100グラム程度

材料の全てを清潔な保存ビンに入れ、冷暗所で保存。2ヶ月後に布などでこしてスイカズラの花は取り出して捨てます。

取り出した花は、香りが良いので入浴剤として利用してもよいでしょう。

生育場所

日本全土の山野や空き地に多く、道端で見かけることもあります。やや湿り気のある場所には繁殖しています。

見た目の特徴

スイカズラは蔓性(つるせい)の木で、春に特徴の有る花を咲かせます。最初は白く、やがて黄色になることから「金銀花」と呼ばれることもあります。

また常緑で、冬でも耐え忍んで葉を付けているという意味で「忍冬」という呼び名もあります。5枚の花びらの内4枚は合生して上側に反り返り、1枚は下側に曲がり込んで手のひらのようにも見えます。

採取時期

茎や葉を採取する場合は秋から冬にかけて、つぼみを採取する場合は4~5月頃。

スギナ

効能

・デトックス効果

・自律神経の乱れを整える

・利尿効果

・むくみの解消

・便秘の改善

・糖尿病の予防

・高血圧の予防

・骨粗しょう症予防

・老化防止

使い方

採取したスギナはよく水洗いして泥や汚れを落とし、ザルなどに並べて天日で乾燥させます。触ってみて湿気っぽさがなくなるまで乾燥させてください。

上から押すとパラッと崩れるようになればよく乾いています。

乾燥したスギナはハサミで細かくカットして焦げないように注意しながら軽く煎ります。

こうすることによって香りのよいスギナ茶になります。急須に入れ熱湯を注いでお好みの濃さになるまで蒸らし、お茶のかわりに飲用します。

クセもなく飲みやすいとおもいますが、草っぽいと感じるようなら緑茶とブレンドすると飲みやすくなります。

生育場所

湿気の多い場所を好むようですが、日本中のどこでも見られ、庭、農地、道端などありとあらゆるところに生えています。

見た目の特徴

高さは20~40センチ。葉には胞子葉と栄養葉があります。胞子葉は「つくし」と呼ばれているもので、先端に胞子の袋をつけ、胞子を出すと枯れます。

栄養葉であるスギナは、スギに似ていることから名づけられました。胞子葉が出た後に伸び、緑色で、節から多数の枝を出します。

採取時期

5~7月が適期です。色々な場所に生えていますが、除草剤などがかかっている可能性のある田んぼや畑の近くのものは避けましょう。ペットなどの散歩道になっている場所も避けるようにしましょう。

サルトリイバラ

効能

・解毒作用

・利尿作用

・むくみ解消

・腫れ物・できものの改善(ニキビやおできも含む)

・血糖降下作用

使い方

出たばかりの若い葉や茎の先端部分は可食部。そのまま衣をつけて天ぷらにしたり、茹でてから水にさらして和え物にしたりといった食べ方がおすすめ。

ただしアクが強めなので、調理前には茹でてアクを抜いておくと良いでしょう。また、5月頃つくサルトリイバラの実は生食できます。赤く熟してからそのまま採取して食べられます。

葉は採取して柏餅にくるんで使いますが、食べ物ではなく香り付け用に使います。

生育場所

北海道から九州にかけて広く分布し、山や林の中、草原地帯などに生えています。

見た目の特徴

ユリ科の植物で、地下茎からどんどん茎を伸ばし、70cmから2m程度まで大きくなるものもあります。枝には刺がつき、刺と葉で絡みつくようにして伸びていきます。猿が引っかかってしまうという意味から「サルトリイバラ」と名付けられました。

4月から5月にかけて黄色い花が咲き、秋頃までに7mm程度の丸い実をつけます。サルトリイバラの葉は柏餅をくるむ葉としても用いられています。

採取時期

4月から5月。実は10月から11月頃に熟します。

シソ

効能

・殺菌作用

・防腐作用

・滋養強壮

使い方

アカジソ・アオジソともに薬味などとして料理に添えて食べます。油揚げ、冷奴など和食との相性が良く、青魚や白身魚と一緒に食べても美味しくいただけます。

シソの葉を素揚げにして塩をまぶして食べても美味しく、素揚げをご飯に混ぜて食べても美味しいおかずに。

夏におすすめのシソジュースは、アカジソ40枚、アオジソは20枚程度をよく洗い、水分をきっておきます。鍋に水2リットルを沸騰させ、アカジソとアオジソを1分茹でます。茹でた葉を取り除き、鍋の汁をザルでこして、こした汁に砂糖1kgと食用クエン酸25gを加えて混ぜ、冷めたら水や炭酸水で4~5倍に割ってできあがり。

生育場所

日本に古くから自生している野草で、庭先や空き地に自生しているものもみられます。食用として畑やベランダで栽培されているものも多く、そこから種が飛び住宅地に自生するものもあります。

見た目の特徴

草丈は30cmから100cmで、分岐性が強く、ギザギザの葉を茂らせて生育します。葉は緑色もしくは紫色で、秋頃に紫色や白い花が咲き、冬になると枯れていきます。

採取時期

アオジソは6~11月、アカジソは6~7月

セイヨウカラシナ

効能

・高血圧予防

・貧血予防

・風邪予防

・免疫力アップ

使い方

セイヨウカラシナの調理には葉や茎を使います。たっぷりと熱湯を張った鍋に塩をひとつまみ入れて30秒ほど茹でます。アクが強い場合はそれ以上茹でる場合もあります。茹であがったら冷水にさらし、苦味があれば1時間程度水にさらします。

色が鮮やかになりしんなりしたら水を強く絞って和え物や浅漬けに。浅漬けにしたものを細かく刻んでご飯に混ぜて食べても美味しくいただけます。

ほかにも、油炒めにして食べたりうどんの具材として使うこともでき、和食を中心に多彩なアレンジが楽しめます。

生育場所

もともとはヨーロッパ原産のアブラナ科の二年草で、食用として導入された植物が自生するようになりました。現在では関東地方から西の地域の荒れ地や河川敷など群生しやすい場所に多く自生しています。

見た目の特徴

高さは1mから1.5mほど。春になるとアブラナに似ている黄色い花を咲かせます。広い空き地などに群生しており、たくさんの黄色い花が一斉に咲き乱れるのですぐに見つけることができます。茎は直立し、高さ30cm程度から80cmになるものもあります。

採取時期

4月から5月の春頃