野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 野草の酵素とは › 野草酵素に副作用はないの? › 野草ヤ行

野草ヤ行

ヤマイモ

効能

・慢性胃炎の改善

・胃腸虚弱の改善

・排尿困難の改善

・性欲減退の改善

・糖尿病の改善

・疲労回復

・便秘の改善

使い方

天然のヤマイモは、ツルの根本から1メートル以上は入っていますので、木の根がからむ山や平らな場所での収穫はほとんど不可能です。

掘った後は、大きな穴になりますので土の持ち主さんとの関係や掘った後の後始末もさることながら、素人の山での安易な採取には危険が伴います。

店頭に並ぶ栽培ものや、道の駅で購入したほうがよいでしょう。秋に根茎を掘出し、根茎をすりおろしてとろろとしたり、細く刻んで生食する方法が代表的ですが、皮をはいで、そのまま、もしくは蒸してから乾燥させたものを生薬では、山薬(サンヤク)といいます。サンヤクは、漢方処方の調剤に用いられています。

生育場所

日本、中国、朝鮮半島などに自生しています。寒さに弱く、排水のよい肥沃な土壌を好みます。日本各地で栽培されており、健康志向を好む食生活の影響から、日本から最も外国に輸出されている野菜でもあります。

見た目の特徴

日本特産の多年草、つる性の植物で他の植物などを支えにしてよじ登りながら生長します.細長いハート型の葉を持ち、夏になると穂状の白い小花をつけます。

地下深くへとまっすぐに伸びる芋は、地下の障害物を避けながら1メートルを超えることもあります。採取時期晩秋から冬にかけて。地上の枯れたつるを目印に掘りますが、地面に近い所では細く、深い所ほど太くなっています。

ヨモギ

効能

・冷え性の改善

・腹痛の改善

・便秘の改善

・止血作用

・痔の改善など

使い方

若い芽を乾燥させたものは生薬では艾葉(がいよう)と呼ばれ、煎じて服用しますが、その効果の多様さから、て昔から万能薬として使われてきました。

新芽を摘んでてんぷらや、ゆでたものをおひたしや汁物の具、もちに混ぜて草もちにします。葉を乾燥させ、裏側の綿毛を採取したものは灸に使うもぐさです。痔の改善には乾燥させたものを入浴剤として使います。

生育場所

繁殖力が強く、日本全国のいたるところに自生しています。多年草のため、冬に地上部が枯れても根は生きており土壌の固定に適していることから道路工事に利用され雨水などで表土が流出しないように使われたことから河川の土手で見かけますが、道端などでも日当たりの良いところには多いようです。

見た目の特徴

葉は大きく裂け、裏面に白い毛が密生しています。特有の香りがあり、夏から秋にかけてのびる茎は、木質化します。

採取時期

食用になる若い芽が出てくる3~5月入浴剤として使う場合は、成長した葉や茎でもよいので、夏から秋まで。