野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 血管の老化と野草の酵素 › 精神的な不調

精神的な不調

血行不良が招く精神の不調

監修医師

藤田先生にお話をうかがいました。

先生、最近疲れがとれません。

ストレスで、交感神経が優位になったままですね。

神経さんのことはわかりませんが、デスクワークが多くて、何日も座ったままだったんです。

血流も悪くなっているみたいですね。薬草の薬湯なんかどうですか。

温泉に行ってる時間がないです~。

古くから健康づくりに活用されている生薬の入浴剤がありますから家庭でも手軽にりようできます。ぬるいお湯には副交感神経を優位にさせる効果もありますし、水圧の原理を利用して、湯船に浸かって足にたまった血液やリンパ液を押し戻しましょう。

炭酸ガス系入浴剤なら血管拡張作用があるので、血流量を増加させ、入浴による血行促進効果をさらに高めます。

いいですね…でも今日も残業なんです。

交感神経優位の生活を続けているとさまざまな不調を引き起こしたり悪化させたりする場合があります。自律神経失調の状態が続くと体は回復できなくなり、うつ病になります。

そんな怖いこと言わないでください。

でも、うつ病になる人は、運がいいのです。

なんてことを言うんですか先生、よくないですよ。

交換神経が働き続けたままなら、衰弱して過労死します。そうならないために、体の防御機能が働くから、うつ病になるんです。つまり、過労死せずに済むという意味で、運がいいのです。

メンタルの不調と自律神経

自律神経は、私たちの体の活動を調整するために、24時間休みなく働き続けています。体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、睡眠時や夜に活発になる副交感神経は、バランスをとりながら私たちを心身ともに健康な状態を維持しています。

ところが不規則な生活やストレスによっておこるのが自律神経の乱れです。その結果、体のさまざまな不調が現われてきます。こうした自律神経の乱れが引き起こす不調には、自律神経失調症や神経性胃炎、過敏性腸症候群、過呼吸症候群(過換気症候群)などが知られており、いずれも精神的なストレスや過労が原因になっていることがほとんどです。

気持ちの切り替えだけでなく自律神経を整えよう

人間関係や仕事などによる精神的なストレスや過労が原因になっている場合、楽観的にとらえる習慣や、問題を抱え込んでしまわず、誰かに相談するなど、前向きな心もちを身に付けることや自分なりのリラックス法を見つけストレスとも、うまくつきあっていくことが大切です。

しかし、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいもの。そこで、自律神経を整える行動を意識することをおすすめします。

自律神経を高める生活習慣を

無理のない範囲で運動習慣を身に付け、食生活を中心とした生活習慣を見直し、乱れた生活リズムを取り戻すことは自律神経を整えるうえで重要なことです。昼夜の区別があいまいな仕事時間や、不規則な食事は自律神経の乱れを助長します。1日3回の食事の質を高め、適度な運動を心がけましょう。食事時間を一定にすることで早寝早起きの習慣が付けば、自律神経のバランスも次第に整ってきます。

健康ドリンクやサプリメントで不足した栄養を補給することもおすすめ。

野草や酵素で自律神経のバランスを保つ助けを

古くから民間療法に用いられてきた野草の中には、ストレスを和らげるとされるものもあります。抗ストレス作用の強いものとしてはエゾウコギなどの野草があげられます。その他にも体全体の老廃物も疲労の原因になるのでデトックス効果の高い野草の酵素エゾウコギもよく知られています。

そうした野草のパワーを簡単に取り入れたい方は、野菜の酵素を取り入れるのもおすすめです。

自分一人で抱え込まない努力を

ただし、原因不明の体調不良や不眠、食欲不振に悩んでいる人は、早めに病院で診察をうけるようしてください。

自己判断ではわからない病気もあります。耳鳴りがあれば耳鼻科、肩こりが長引いているなら、整形外科、家の近くにあるカイロプラクティックもいいかもしれません。そして、どんな小さなことでも、ひとりで悩みを抱え込んだりせず、誰かに話してみてください。

野草酵素とメンタルの関係

野草酵素は野菜や果物に含まれる天然の酵素をたっぷり体に補い、腸内環境の正常化を助けてくれます。腸内環境が整うことで、脳内伝達物質であるセロトニンが生成され、このセロトニンの力によって精神面にも影響をもたらします。

スウェーデンのカロリンスカ研究所が発表したマウスを使った研究によれば、腸内細菌をもつマウスと腸内細菌をもたないマウスを比較した結果、腸内細菌をもたないマウスは成長後に攻撃的になり、危険をともなう行動を示したことが明らかになりました。

マウスの脳の変化を調べたところ、腸内細菌のいないマウスでは感情に関わる脳内伝達物質セロトニンやドーパミンの量も少なく、腸内細菌が感情を司る脳内伝達物質の生成に関わっていることが判明しました。

腸内環境が乱れた状態であると、精神そのものが不安定な状態になりやすく、メンタルバランスにも影響を与える可能性があるのです。

うつ病の患者さんの中には、食欲の低下や摂食障害を発症している方がみられますが、食事が満足に摂れないことで腸内環境が乱れ、脳内伝達物質の生成量が減って、さらに精神状態が悪化するおそれがあります。

食生活が乱れがちな方にはサプリメントもオススメ

腸の中は直接目で見ることはできませんが、普段の生活から栄養バランスが偏らないように、いろいろな食品をバランスよく食べることが大切です。特に食事習慣が不規則であったり、栄養が偏ったりするような場合は、サプリメントの利用も考えたいところ。

人間の感情やメンタルは常に移り変わっていきますが、意外にも毎日の食事が関わっていることはあまり知られていません。

だからこそ、脳が本当の意味で安心するためには、生活のリズムを一定にするだけでなく食事量も適切にして、栄養にしっかりと配慮する必要があるのです。

酵素を補うと心のバランスにはどんな変化がある?

腸内環境が正常に近づくにつれて、脳内伝達物質も生成されるようになり、セロトニンによって精神が安定します。

セロトニンが分泌されれば、ストレスがかかってもそれを処理できるようになり、強い負荷にも負けずに受け流せるようになります。セロトニンが不足すると、ちょっとしたことでも落ち込みやすくなるので、うつ病やストレスによる不調のリスクが高まってしまいます。

酵素は野菜や果物に含まれる物質で、体内で起こるさまざまな化学反応をサポートしています。薬ではないので即効性を期待することはできませんが、体の中で分解されても消化吸収や代謝など、多くの化学反応に関わることができます。

食品から酵素を補おうとすると、たくさんの野菜や果物を摂らなければなりません。また、食べたものを消化吸収するにはたくさんのエネルギーが必要になるため、消化器官に負担をかけないように食べなくてはなりません。

その点、野草酵素のようにドリンクやサプリメントなどから酵素を補えば、胃腸に負担をかけず栄養バランスを整えていくことができるので効率的です。野草の酵素には自然の植物から抽出した良質な栄養素が含まれているので、植物の良いところを体に補いながら、メンタルバランスの改善も助けます。

もちろん、栄養素が偏っているからといって健康食品ばかりに頼るのはNG。普段の食生活にも気を遣う必要がありますが、強いストレスに負けないように酵素の力を借りることも精神の不調を改善するための方法といえるでしょう。

心と体のバランスを整える酵素を摂ろう

現代的な生活をしていると、時間やタスクに追われ強いストレスにさらされ、睡眠不足や栄養不足、栄養の偏りなどが日常的に体をむしばんでいきます。

一度メンタルバランスが崩れてしまうと、完全に立て直すためには時間がかかりますから、できるところから生活習慣を改善していくことが大切

特に脳内伝達物質であるドーパミンやセロトニンは腸内の状態に左右されやすい物質ですから、食事を見直しつつ栄養バランスも改善していかなければなりません。

セロトニンには、安眠作用を与える睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌にも深く関わっていますので、不眠や眠りの浅さを改善するためにも欠かせない物質です。薬に頼って眠りについている方は、腸内環境を改善するだけでも睡眠の質の向上が期待できるかもしれません。

必要な栄養素が不足しがちな現代人にこそ「野草酵素」

野草酵素は現代人にこそ必要な栄養素がたっぷりと詰まっています。手軽に補給代人にこそ必要な成分が、ドリンクやサプリメントから手軽に補給できます。

野草酵素に含まれている植物は、数ではなく品質と配合率にこだわって厳選されています。必要な栄養素を凝縮しているので、一日分の栄養を逃さずしっかりと吸収できます。

腸にやさしい食事を心がけながら、野菜などカロリーの少ない食材を使い、同時に酵素も補っていくことで腸内への負担は少なくなります。食事は、ただ食べるのではなく全身の健康に関わっており、メンタルにも影響を及ぼすもの。

お菓子で食事の代用をしたり、インスタント食品やファストフードに頼りすぎないよう注意しながら、酵素を効果的に取り入れていきましょう。

参照サイト

他の身体の不調も調べてみよう