野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 血管の老化と野草の酵素 › 口の不調

口の不調

血流の悪化が口臭の原因?

監修医師

藤田先生にお話をうかがいました。

血流が悪いと口臭になることをご存知ですか?。

そうなんですか?知りませんでした。

口臭は生活習慣や体内環境によって大きく左右されるんです。

歯磨きさえしていれば、大丈夫だと思っていました。

女性に多いのですが、便秘も口臭の原因になります。便秘していると腸からガスが吸収されて血管内を通って運ばれ、肺から放出されたものが口臭になるんですよ。

自分ではなかなか気が付きにくいのが口臭ですから、私も気付かないだけで臭いときがあると思うと、心配になってきました。

肝炎や糖尿病の場合も特有の口臭があります。

歯磨き不足で口臭がすると思っていたら、大変な病気のサインだった、なんてこともありうるわけですね?

血行不良と口臭の関係

身体も健康で、血流も良好な状態の場合は、におい物質の量が少ないため、口臭を感じることはありません。しかし血流が悪いと、細胞の新陳代謝や舌の生理的機能が低くなり、口の中を自然にきれいにする自浄作用も低下し口臭がすることがあります。

まれに女性の場合は、月経などでホルモンバランスが崩れると口臭が発生する場合もあります。

口臭は重大な病気のサインかも

身体の病気による口臭には、逆流性食道炎や胃潰瘍、化膿性気管支炎や慢性扁桃炎、慢性鼻炎などが知られていますが、糖尿病や腎不全、肝硬変などのサインである場合もあります。

なかでも糖尿病は、歯周病と併発している場合が多いため、歯周病によるにおいも口臭の原因となっています。そして歯周病の炎症が、さらに血糖値を上げるといわれているため、全身の血行不良との悪循環になります。

また、喫煙もニコチンなどの有害物質が血管を収縮させて血行不良を招きます。歯ぐきに栄養がいきわたらなくなるため、細菌に対する免疫力が低下し歯周病が進行しやすくなってしまうからです。

口臭につながる重大な病気

このように血行不良と口臭の関係は、主に高血糖や糖尿病による血行不良が原因になっていることが多いのですが病気によるサインであることも少なくありません。

これは、口の中に原因がある口臭ではなく、病気による独特なにおいが呼気(肺からの息)に出るためです。さらに口の中が不潔だったり、歯周病をあわせ持っている場合などは、身体の病気と口のにおい物質が混ざることで悪臭となるのです。

口臭が起こる病気には以下のようなものがありますので、歯周病などがない場合、こうした病気も疑ってみるべきです。

その他誰にでも多少の生理的な口臭はあり、自分ではなかなか気が付きにくいもので、体調や時間帯によっても変動するため、悩みすぎもよくありませんが、重要なサインであることを忘れないようにしましょう。

参照サイト

他の身体の不調も調べてみよう