野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 血管の老化と野草の酵素 › 血管の不調

血管の不調

エコノミークラス症候群も血栓の一つ

監修医師

藤田先生にお話をうかがいました。

今度のお休みにサンフランシスコに遊びに行くんです。

ロングフライトになりますね。血栓症に気をつけてくださいね。

なんですか、それ?

エコノミークラス症候群のことです。

分かりやすく説明すると、血栓(けっせん)は、血でできた栓(せん)なんです。ビール瓶の栓抜(せんぬき)き、とか耳栓(みみせん)の栓という字でしょう?これが血管をふさいでしまうんです。血管がつまると色々な病気を引き起こします。ときには突然死の原因にもなります。

なるほど、恐ろしいですね、血栓。

血栓は飛行機の中でできますが、それが血液に運ばれてどこかの血管をつまらせるので、ほとんどは機内や到着した空港で発症していますが、旅行先や自宅に帰ってから発症することもあるんです。

血液には、固まる性質と、溶かす性質があり、このバランスが保たれることで固まることなく血管の中をスムーズに循環しています。

血液に固まる性質があるなんて知りませんでした。

ケガなどで出血すると生命にかかわる危険な状態になりますから、この出血を防ぐために血液を凝固させて血を止める機構が備わっているんです。

言われてみればそうですね。固まらないと困りますね。

全身を流れてきて二酸化炭素を多く含む血液は静脈によって運ばれ心臓の右側(右心房)に入って、次に右心室から肺に送り込まれて血液に酸素が取り込まれ(酸素化)酸素を多く含んだ血液は心臓の左側(左心房)に戻って左心室から大動脈によって、ふたたび全身へと運ばれていきます。ところが、長時間座ったままの姿勢で足を動かさないでいると、血流が悪くなって、血液が心臓に戻りづらくなり足に停滞しやすくなります。そして足の静脈に血栓ができてしまうんです。

それがエコノミークラス症候群でしょうか。

それだけなら足がむくんだとかなのですが、飛行機が目的地に到着して急に体を動かすと、静脈にできていた血栓が血管壁から離れて血液中に流れ出します。この流れ出した血栓が、例えば肺の血管が細くなったところにつまってしまうと肺塞栓症でショック状態となり、その結果、最悪の場合には死亡する場合もあります。フライトが6時間を超えると、このような状態になる傾向があるそうです。

どうすれば防げますか?

水分を補給したり、足を動かしたり、また、日頃から血液サラサラでいられるような生活をしましょう。

恐ろしい病気を引き起こす血栓

日本人の三大死因といえば、ガン、心臓の疾患、脳血管疾患ですが、その中でも心臓の疾患の9割を占める心筋梗塞と、脳血管疾患で増加傾向にある脳梗塞は、血栓によって引き起こされるといわれています。

心筋梗塞および脳梗塞は、重大な死因として世界的にも認識されているにもかかわらず、共通する原因としての血栓についての認識は、まだまだ低くないがしろにされています。

しかし血栓は放置しておくと、やがて脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓症などの命に係る重篤な病気を引き起こしかねません。

血栓が理由で発生する疾患の代表的なものに次の症状があります。

血液を良好にして血栓を防ぐ

血栓の形成にはいくつかの大きな要因が存在します。

まず、喫煙や高脂血症、高血圧、肥満、糖尿病などが原因で血管内皮細胞が傷つき、そこから血栓が生じます。血管が傷ついた状態です。

高脂血症

動脈硬化の最も重要な因子で、悪玉と称されるLDLコレステロールが血液中には多く存在しています。血液ドロドロの状態で血流が悪い状態になると、活性酸素の影響を受けて酸化LDLは動脈内の血管壁に傷をつけて付着します。

すると今度はマクロファージが血管壁に居座って動脈自体の弾力性を奪ってしまうのです。しなやかさを失った血管には、やがてひび割れが生じ、その修復と止血のために血小板が集まってくると血栓(血の塊)になります。

高血圧

正常値を超えた高血圧が続くと、血管が硬く、厚くなり、狭くつまりやすくなるので血栓が大きいと、血液の流れを完全に遮断してしまいます。

肥満も、内臓の周りに脂肪がたまることで知られている「内臓脂肪型肥満」が危険です。血栓は、血管の細胞から分泌される酵素によって溶かされますが、内臓型肥満の人は、この酵素の働きを阻害する悪玉物質を分泌します。

一般的にBMIが25以上の人で、血栓を溶かすのを邪魔する悪玉物質は太れば太るほど増えるといわれています。

糖尿病

血液中に余分なブドウ糖が存在しているので、血液がドロドロで流れにくくなっています。またドロドロな血液によって血管が傷つき血栓もできやすく、またつまりやすいのです。

この血栓のつまりが脳の血管で起これば脳梗塞、心臓付近の血管で起これば心筋梗塞です。

静脈血栓塞栓症 (エコノミークラス症候群)も、飛行機だけで発症するのではなく、地震のときに車で避難生活中の女性がエコノミークラス症候群によるとみられる肺塞栓(そくせん)で死亡されたように、長時間の同じ姿勢による血管の圧迫があれば発症します。実際、タクシードライバーが勤務中に発病、死亡したケースさえあります。

血管がつまる原因とは

こうした血栓による病気の発症を予防するためには、水分補給や足の運動が効果的だといわれていますが、日頃からの予防対策で体質を改善したり、常に血液をサラサラの状態にして、弾力のある血管にしておくことが重要になります。

血管内で血液の塊である血栓が血管をつまらせ血流が止まってしまうことで、突然死の原因となる他の症状の引き金としても気をつけなければならない血栓。この血栓を誘発するのが、ドロドロの血液です。

中性脂肪やコレステロール値が気になる中高年層が増加傾向にある中、運動不足、そしてストレスや食べ過ぎ、飲み過ぎの害が加わり、ますます血液ドロドロが加速してしまいます。

運動・水分に加え野草の酵素を取り入れて血液をさらさらに保つ

場合によっては突然死を招きかねないほど恐ろしい血栓ですが、日常生活で気をつければ、予防や改善もできます。例えば、生活習慣に取り入れられる方法として、普段飲んでいるコーヒーやお茶を、野草の成分が入った飲み物、例えば野草茶や野草酵素ドリンクを取り入れてみるのはどうでしょう。

血流をよくする薬草として昔から利用されてきた「イチョウ葉」「オトギリソウ」や動脈硬化の予防になる「クコ葉」「ハブ茶」「ドクダミ」「アカザ」などがおすすめです。忙しくて時間がないという方でしたら、他にもたくさんの野草成分が入った、野草の酵素などもいいかもしれません。

野草酵素と血管の関係

血管は血液を全身に運び、酸素や栄養を行き渡らせています。しかし悪玉コレステロール(LDL)の増加や血管内皮細胞が傷つくことによって血管内には血栓が生じやすくなり、生活習慣病へとつながっていきます。

血管をきれいに保つためには、その中を流れる血液をきれいな状態にしなければなりません。良質な血液をつくるには、たっぷりと水分を補給する習慣をつけることと、もう一つは体に取り入れる栄養のバランスを整えることが大切です。

野草酵素は天然の植物を発酵させて作られている健康食品です。野菜や野草、果物、生薬などを使っているので、血液をドロドロにするような成分は基本的に含まれていません。

酵素の中には、それぞれの植物がもつ豊富な栄養成分が含まれています。製品によっては食物繊維やオリゴ糖など、腸にもうれしい成分が含まれているものも。

これらの成分を欠かさずに摂取していくと、体に必要な栄養素をしっかりと補いながら血液の質も上げていくことができます。

食生活が乱れ、ビタミンやミネラルなど必須の栄養素が欠乏しやすい現代人にとって、抗酸化作用やデトックス作用は欠かせない存在。食べすぎや食事の偏りによって、血液はすぐにドロドロになってしまいます。

酵素には体を若々しくしてくれる成分が詰まっています。毒素や老廃物を外に追い出し、悪玉コレステロールを減らしながら、血液を健康に保ちましょう。

野草酵素を摂ることで血管にどのような影響がある?

野草酵素の原材料に使われる野菜や果物には、抗酸化作用の高いカテキンやビタミンC・Eを含むものもあります。この栄養素は、血液をサラサラに保つうえでも欠かせない栄養素。

特にビタミンEは血管の拡張をうながし、血管内で血液が固まってしまうのを防いでくれます。野草酵素は一日分の必要量が決まっているので、一度に大量に摂取する必要はありません。積極的に摂取するのがポイントです。

また、カテキンにも高い抗酸化作用があります。岐阜大学が行なった研究では、緑茶に含まれているカテキンが悪玉コレステロールを排泄する働きを助けることが明らかになりました。

悪玉コレステロールが血液中に増えると、血管が固くなり動脈硬化を起こし、そこから血流の低下や血栓などのトラブルが生じやすくなります。

生活習慣病のリスクを減らすには、悪玉コレステロールや糖が血管の中に増えすぎないように食事量や食事内容を見直さなければいけません。ローカロリーかつ栄養素の豊富な野菜やきのこ類を摂り、適度に魚やフルーツなどをプラスして、ご飯やパンなどは食べすぎに注意。

野菜は抗酸化作用の高い緑黄色野菜を中心にたっぷりと摂るようにします。この食事を基本に置きながら、足りない栄養素は野草酵素でしっかりと補っていきましょう。

野草酵素に使う植物は、普段の食生活には取り入れにくいものも含めることができます。イチョウ、ウコン、オオバコ、たんぽぽ、スギナ、ドクダミ、ナンテン、ハトムギなど、公園や山の中で見つけられるもので、調理や調味が難しい植物が豊富に使われています。

これらの野草の中には末梢循環障害の改善や血行促進など、血管にうれしい効果をもつものもあります。酵素を補うことで、自然のパワーをたっぷりと体に取り入れ、血管のトラブルを守ります。

野草酵素のパワーを借りて血管年齢をキープしよう

血管も人体の一部ですから、加齢とともにだんだんと老化していきます。若い頃のような柔軟性にとんだ血管がだんだんと固くなっていき、血栓や動脈硬化を起こしやすい血管へと変化していきますが、急激な老化を防ぐためには、毎日口にする食べ物に注意することが大切。

野草酵素には、一日の食事では補えない貴重な野草の栄養素が詰まっています。さらに腸内環境にもやさしい乳酸菌などを豊富に配合し、時間をかけて発酵させているので、新鮮なままの栄養素と乳酸菌の力を取り入れて、体の中から老化を予防。

食事がどうしても偏ってしまうという方や、規則正しく食べる時間がない、ファストフードや出来合いのお弁当などに頼ってしまう方こそ、血管のアンチエイジングのために野草酵素を取り入れていきましょう。

野草は野菜とは異なり、自分で調理するには少し敷居が高いもの。しかし野草酵素としてなら抵抗なく食事に取り入れられます。野菜や果物が配合されている野草酵素なら味にもこだわって製造されているので、食事の邪魔にならず気軽に取り入れられますよ。

もちろん普段の食事や運動習慣などをつけていくことが、健康をキープするためには欠かせません。酵素は生活習慣の改善を強力にサポートしてくれるものですから、意識的に健康習慣をつけていくことが大切。

外食続きで栄養が偏りそうなとき、病気療養中、ダイエット中にも野草酵素は強い味方になってくれます。血管年齢を若く保つことは、病気予防だけでなくスムーズな代謝をうながし、ダイエットやむくみ予防などにも効果的。

体に不足しがちな栄養素と自然の力をたっぷりと補って、効果的に野草酵素を取り入れていきましょう。

参照サイト

他の身体の不調も調べてみよう