野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 野草酵素に関する役立つ情報をご紹介 › 野草酵素と酵素の違いとは

野草酵素と酵素の違いとは

野草酵素は天然の野草をふんだんに使用して作られた健康食品ですが、はたして一般的な酵素製品と何が異なるのでしょうか。

「酵素関連の健康食品なんてどれも一緒なんじゃないの?」と思われている方がほとんどだと思いますが、ここでは野草酵素と酵素の違いをはじめ、メリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。

野草酵素と酵素の違い

野草酵素と一般的な酵素の違いは“味付け”にあります。

ほとんどの酵素関連の健康食品もしくはドリンクには、苦味を抑えるために黒糖などの甘味をつけています。良薬口に苦しという言葉があるように野草は特有のえぐみを持っているため、何の味付けもしていない酵素は苦くて飲みにくいというデメリットがあります。

とはいえ、甘味がプラスされた酵素製品には当然ながら糖分が含まれているので飲み過ぎると身体に悪影響を与えます。目安としては1日に1杯もしくは朝食と昼食のときに飲む程度がベター。回数に注意しないと肥満の原因になることもあります。

よって一般的な酵素製品はダイエットを志している方をはじめ、糖尿病の方にとってはやや不向きと言っても過言ではありません。特に療法食を行なっている方は使用する前に医師と相談することをおすすめします。

一方で野草酵素は天然野草や果物のみで味付けされているため、余分な糖分が含まれていません。さらにはカプセルタイプになったものもあるので、苦味などを気にすることなく酵素そのものを摂取することができます。

お茶感覚で飲めるタイプもある

野草酵素のなかには「杜仲茶」だったり「ギムネマ」と言った健康的なお茶によく似たタイプもあります。これらに共通しているのは含まれている成分がほぼ一緒で、味に関してもお茶によく似ているという点。

苦味を打ち消すには甘味を加えることがベターですが、普段からお茶をよく飲む人からすれば、お茶に似たタイプを選ぶこと代用することが可能です。

しかし、酵素ドリンクは酵素以外にもたくさんの栄養が含まれているので、普段お茶を飲むような頻度で摂取するとお腹を下しやすくなったり、副作用が生じるケースもあるのでご注意。必ず用法・用量を厳守するようにしてください。

野草酵素は天然の野草をふんだんに使った身体にやさしい製品ですが、飲めば飲むほど健康になるものではないので飲みすぎには十分に注意しましょう。

野草酵素のメリット・デメリット

野草酵素は体内酵素を増やして腸内環境を整えたり、食べ物の消化や吸収をサポートしてくれる働きを持っており、現在各方面から注目されています。

しかし、メリットばかりではありません。デメリットになり得ることもあるので、正しく野草酵素を摂取するためにもそれぞれを把握しておきましょう。

メリット

野草酵素のメリットは大きく分けると3点あります。

デメリット

野草酵素は健康食品であって医薬品ではないので重大な副作用が生じる確率はきわめて低く、用法・用量さえ厳守すれば安全に摂取できます。

しかし、食物アレルギーを持っていたり、肝機能に障害を持っている方にとってはさまざまな病気の起因になることもあるのでデメリットになってしまうこともあります。

よって植物に関する食物アレルギーを持っている方や、肝機能障害を持っている方、普段から複数の医薬品を服用している方は、野草酵素を利用する前に医師と相談するようにしてください。

まとめ

野草酵素と酵素の違いは使用されている原料はもちろんのこと、味付けと言っても過言ではありません。多くの酵素商品は必要以上に糖分を加えて飲みやすくしているため、飲み過ぎると逆効果になってしまうことがあります。

しかし、野草酵素を摂取することで安全に健康促進を目指すことができます。しかし、アレルギーや肝機能障害を持っている方は注意が必要なので医師と相談した上で使用するようにしましょう。