野草の酵素で健康血管長生き生活を!~世界の野草から~ › 野草酵素に関する役立つ情報をご紹介 › 野草酵素はどんな原料からできているの?

野草酵素はどんな原料からできているの?

野草酵素とは、その名の通り自然の中で自生する野草を原料とした酵素のこと。野草・野菜・果物など多種類の新鮮な原料を用いて作られます。

こちらでは、野草酵素の原料やたっぷりの野草を使って酵素を作る理由について解説しました。身体の不調が気になる方や、酵素に興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

酵素を作るのにたくさんの野草を使うのはなぜ?

野草を使った酵素ドリンクやサプリメントでは、原料にたくさんの野草を使います。それはいったい何故でしょうか。

実は、酵素と作用する物質は1つずつ決まっています。1つの酵素と反応する成分は1つだけ。つまり、体内で起こるさまざまな化学反応の数だけ、酵素が必要ということです。多くの酵素を意識的に取り入れることで、健康をサポートできるでしょう。

野草は他の植物と比べると、高い生命力を持っています。たとえコンクリートに埋められていてもたくましく根を張る野草の強い生命力は、人にとっても良い影響をもたらしてくれるはずです。

大自然でのびのびと育った良質な野草は、多くの有用菌を持つことで知られています。その有用菌が、発酵の過程で「酵素」を作りだします。酵素は、栄養素を小さく分解して、体が栄養素をエネルギーとして取り込みやすくするという大切な役割を担っている物質。酵素が足りなくなると、生きるエネルギーをうまく生み出せません。

酵素は加熱すると失われてしまいます。そのため、多くの食べ物が加熱処理されている環境で育った現代人は、酵素が不足しがち。酵素ドリンクやサプリメントは、酵素を補う手段として最適です。

野草と雑草の違いとは?

雑草と野草は何が違うのでしょうか。

道路や庭で、種を蒔いた覚えがないのに自生している植物のことを「雑草」と呼びます。一方で、人がほとんど手を加えていない土地で自生している草のことを「野草」と呼びます。同じ種類の植物であっても、人間の都合によって雑草にも野草にもなり得るのです。

野草酵素のドリンクを手作りしようとお考えの方もいるかもしれませんが、野草には毒を持っているものもあるので注意が必要です。また、うまく発酵できないと害を及ぼしかねないものを体内に摂り入れることになりますので、やはり販売されている野草酵素ドリンクやサプリメントを摂るほうが安全です。

日本人の身体に合うのは日本で採れる野草

日本で生まれ、日本の食材を食べて育った方であれば、日本で採れる野草を使った酵素ドリンクやサプリメントを選ぶのがおすすめです。ヒトの身体は、腸内細菌を日々の食事から摂り入れて、少しずつその身体を適応させてきました。そのため、古くから慣れ親しんだ日本食の方が腸にとって優しいのです。酵素ドリンクやサプリメントで採り入れる野草もまた、できるだけ日本で食べられているものを選ぶほうが良いでしょう。

野草酵素に使われる野草の一例

こちらでは、代表的な野草をいくつかピックアップして解説します。

アカザ

日本国内に多く自生しており、アカザという名前に聞き覚えはなくとも、その姿に見覚えのある方は多いのではないでしょうか。あまりに多く自生しているので雑草扱いされやすい植物ですが、茎葉を乾燥させて煎じた汁は、虫歯痛を抑えたりのどの痛みを和らげたりするために用いられてきました。

茎に近い部位がうっすらと赤紫色をしているのが特徴的な野草です。赤紫色をしているからといって毒性はなく、古くからよく食されてきた野草のひとつ。鶏のエサにすることも多かったため、英語では「fat hen(太ったメンドリ)」という名前がついています。

アケビ

秋になると紫色の実をつけるアケビ。特にアケビの実は、肌や腸の調子を整える作用があります。また、目の疲労回復効果もあり、パソコンとずっと向き合う仕事をされている方にはぴったり。また、アケビの蔓は、痛みを抑えたり血行改善を促したりする効果があると言われています。

抗酸化作用を持つビタミンCを多く含んでいるので、生活習慣病予防にも一役買ってくれるでしょう。

オオバコ

世界中に分布するオオバコ科の植物は300種類近く。日本では、北海道から沖縄まで全土に広く分布している野草であり、しばしば雑草扱いされます。漢方の世界では全草や種子を乾燥させ「車前草(しゃぜんそう)」あるいは「車前子(しゃぜんし)」と呼び、利尿効果・咳を鎮める効果・整腸作用がある薬草として用いてきました。

茶葉として飲用するのが一般的ですが、多くの野草酵素ドリンクやサプリメントに含まれている植物のひとつです。

オトギリソウ

夏になると小さな黄色の花を咲かせる、日本人にとってもなじみの深い野草。抗菌・鎮痛効果があるとして、搾り汁を傷に塗り込むこともあったそうです。

また、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)は、ドイツではうつ病の治療に用いられるハーブとして知られています。ハーブの中では科学的根拠が多く示されており、副作用が少ないため、ヨーロッパではドラッグストアなどでもセイヨウオトギリソウのサプリメントを入手できます。

たんぽぽ

「たんぽぽ」と聞くだけでその姿を想像できるほど、日本人にとってなじみの深い植物です。非常に高い繁殖力を持っているので、日本ではわざわざ「育てる」という発想に至る方が少ないかもしれません。

路肩に生えている雑草と思われがちなたんぽぽにも効能があり、肝臓浄化作用・胆汁合成促進作用や抗菌作用があるという報告が上がっています。

特に注目されているのがホルモンバランスの改善効果で、不妊治療のひとつとして取り入れようという方も増えています。

ドクダミ

日本の至る所で自生するドクダミは、その強い香りもあり、かなりの知名度を誇る薬草です。春の終わりから初夏にかけて白い花を咲かせます。「毒矯め(矯める=正しく治す)」という呼び方が変化してドクダミと呼ばれるようになったという説が有力です。

ドクダミには多くの効能があると言われており、血圧を安定させる作用や血糖値を下げるという効果があります。

マタタビ

その香りで猫の恍惚感を刺激し、まるで泥酔しているような状態にさせる植物。そんなイメージが強いマタタビですが、人間にとって有益な効能があると報告されています。例えば、疲労回復や免疫力の向上、利尿効果、血行の促進、冷え性改善という効果効能があります。さらに、血圧を安定させるため、高血圧の予防にもなるとも考えられてきました。ただし、キウイフルーツにアレルギーがある方は、同じマタタビ科に属するマタタビを摂らないようにしましょう。

マタタビはアブラムシやハエに好まれ、しばしば寄生されるのが特徴です。マタタビの実はドングリのような形をしていますが、虫に寄生された花はこぶ状の実をつけます。虫こぶ果の薬効は通常の実よりも高く、「木天蓼(もくてんりょう)」と呼ばれ、漢方薬の材料として利用されることでも有名です。

ヨモギ

日本全国に分布しているヨモギは、さまざまな用途で使われる野草です。人々は古くから餅や天ぷらにして食べたり、石けんに混ぜ込んで汚れ落としとして使ったりして、ヨモギが持つ効能を積極的に受け入れてきました。ヨモギには止血作用のあるビタミンKが豊富なので、怪我をしたときにヨモギを塗られたという経験を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

ヨモギの特筆するべきところは、がん予防に有効な成分が多く含まれていることでしょう。血中のコレステロールを下げる・消炎作用のあるクロロフィルや、抗酸化作用を持つβカロテンがたっぷり含まれています。また、その独特な香りには睡眠を促す効果もあります。

野草以外には何が含まれているの?

野草酵素には、野草以外にも野菜・果物・キノコ類・海藻などが含まれていることもあります。また、有用菌を混ぜ込んで発酵・完熟を促します。

野草が主原料と聞くと「苦いのでは?」と思うかもしれませんが、野草酵素ドリンクには黒糖・ショ糖・オリゴ糖・ハチミツといった甘味が含まれているので、むしろ「甘すぎる」と感じる方さえいるでしょう。糖分を入れるのは、味をおいしくするためではなく、有用菌が発酵するために糖分が不可欠だからです。

とはいえ、ドリンクタイプの場合だとキャップ1杯分の糖分は、およそ50キロカロリー程度。お米に換算するとわずか2~3口ほどです。日頃どのような食事を取っているかにも左右されますが、よほどでない限りカロリー過多になることはないでしょう。

もし甘い味が苦手だという方は牛乳や豆乳で割るのも良いですし、顆粒タイプの野草酵素を選ぶというのもひとつの手段です。

野草酵素は食品なので、自身の体調に合わせて好きな時間に飲むことができます。大切なのは飲み方や飲むタイミングではなく、毎日続けることです。

酵素にはどんな種類があるの?

酵素は、現在分かっているだけでも数千種類。消化酵素、代謝酵素、潜在酵素の3つに分類できます。

身体の中に取り込んだ食物を分解・消化するのが消化酵素の働きです。消化された食物は栄養となって体をつくりますが、その課程で欠かせないのが代謝酵素。代謝酵素は栄養素を小さくして、エネルギーとして使いやすいようにする役割があります。

潜在酵素は体内にもともとある酵素のこと。食物から摂った酵素と体内にある潜在酵素を掛け合わせて、消化酵素と代謝酵素を作り出しています。

まとめ

自然の野草類を発酵・熟成させてつくられたものであるため、子どもからお年寄りまで、老若男女を問わずに摂り入れられるのが野草酵素の魅力。健康の維持に気を配りたい方や食生活が不規則になりがちな方に、野草酵素のドリンクやサプリメントはおすすめです。

野草は、たとえコンクリートで固められていても、コンクリートをじわじわと突き破って成長するほどのパワーを内に秘めています。その生命力を余すところなく取り込めるのが野草酵素のメリットと言えるでしょう。野草酵素にはたくさんの野草が含まれており、そのひとつひとつに大自然の中で育んだ効能があります。野草酵素は、野菜不足や食習慣の乱れが気になる、毎日の健康維持をしたい、あるいはダイエットを検討しているという方にもおすすめです。